So-net無料ブログ作成
検索選択

防災訓練

昨日、家族で市の防災訓練の見学に行きました。

東日本大震災が起きたとき。
被災地の復旧復興のため、懸命に働くだんなさんに刺激を受け、
市の防災ボランティアコーディネーターの講習を受けました。

娘を授かってからは、なかなか勉強会に参加することが出来ず、
足が遠のいていましたが、
昨日は久しぶりに、コーディネーターの先輩方に会うことが出来ました[右斜め上]

暑い中、汗を流しながら、
ボランティアに来てくれた人達をスムーズに案内する訓練。
その姿を見て、娘がもう少し大きくなったら、
私も参加しようと改めて思いました[exclamation]

「生かされた命に感謝して」

今年の訓練を見学して思ったことは、
受講者の数が2年前より、かなり少ないということ・・。
記憶が薄れてきたのかもしれません[ダッシュ(走り出すさま)]

けれど、南海トラフの巨大地震はいつ起きてもおかしくない状況。
もし、本当に地震が来たら。
だんなさんはすぐに仕事へ行ってしまう。
一番そばにいて欲しいときに、いなくなってしまいます。
今までは自分だけでしたが、今は自分よりも大切な、
守るべき小さな命があります[ぴかぴか(新しい)]

休日になると、買い物やおいしいものを食べたい、
そんなことばかりを考えているけれど。
命を守るために、話し合ったり準備をしたり、
そんなことが必要なときが来ているのかもしれないなと思いました。

そして直感力。
人間が本来持つ力を、いざというとき最大限に生かせるように、
自然の中で過ごし、学ぶ時間を家族でたくさん過ごしていきたいです[手(パー)]


nice!(5)  コメント(2) 

nice! 5

コメント 2

inacyan

震災から2年と半年が過ぎました。
確かに記憶が薄れてきたのかもしれません
実際に現地で活動されたご主人は薄れようがないかもしれませんが
被災地でない一般の人達はもうしばらくは大丈夫なんて感じているかもしれませんね・・・実際はいつ何が起きても不思議じゃないんですけどね
私も改めて考えさせられました。
by inacyan (2013-09-12 19:43) 

HERO

>inacyanさん

いつ地震が起きてもおかしくないように、
自分でシュミレーションをすることが必要だと、
だんなさんからアドバイスを受けました。
外出先でも、すぐに避難経路を確認する等・・。
そういった積み重ね、大切だと思います。
by HERO (2013-09-14 10:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。